世界平和統一家庭連合 大泉家庭教会のホームページへようこそ!

【体験談】女性が変わるべきだと分かった

【体験談】女性が変わるべきだと分かった

50代 女性

家庭の主導権は妻だった
週間努力目標に取り組むことになった時、最初は、自分には無理ではないか、と思いました。
主人との関係で、主導権を握っていたのは私だったからです。

主人を見つめられるようになった
それまで、主人に気を遣ってはきましたが、それは、自分なりで、主人が望むような気の遣い方では
ありませんでした。
週間努力目標を始めてから、これ程今まで主人を見つめたことがあっただろうか、と思うくらい、
主人を見つめるようになりました。小さなことでも、主人に話をするようになりました。

自分が変わってきた
主人に「私何か変わってきた?」と聞いてみると、「前よりうるさくなくなった」と言ってくれました。
以前の私は、主人がしようとしていることさえも、先へ先へと指示を出してしまう所がありました。
今は、自分の中で待つ態勢がとれるようになりました。
娘に対しても、教会の方々に対しても同様です。
以前は、我先に話していました。
でも、今は、まず話を聞いてみよう、と自分でも知らないうちにそうなっていました。

男性は本当に素晴らしい、女性が変わるべきだと分かった
以前、韓国 水沢里修練会で、真のお父様にお会いしたとき言われました。
「女が駄目なんだ」と。
その時は、まだ学んだ期間が浅く信仰が幼かった為、受け止められませんでした。
長い時がかかりましたが、やっと今、分かってきました。
男性は本当に素晴らしいんです。
主人は私より愛が深いと思います。
女性が変わらないといけないんだ、と分かりました。

まだ堕落性も多く時間もかかると思いますが、これからも続けて頑張っていこうと思います。

コメント



認証コード9529

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional